今年度初めての婦人会でした。会堂管理者ヤイロの娘の癒しの箇所を学び、「自分の方法」や「自分の時」に固執せず、主の方法と時に委ねる信仰が必要であると教えられました。大いに話しを脱線しながら、それもまた有意義な交わりとなり、どなたも晴れ晴れとした表情で帰路に就かれました。