民数記13:17~33より「約束の地を前に」という題で説教が語られました。カナンの地を偵察したヨシュアとカレブが、予想される困難に囚われるのではなく、神の約束に信頼して祝福を受け継いだように、私たちも恐れず信仰に立ち続けるようにと励まされました。帰省中の方々とも久しぶりにお会いし、互いの近況などを分かち合うこともできました。