今週から、人数を事前に確認しながら会堂での礼拝を再開しました。4月12日のイースター以来です。今日は12名の出席。玄関の扉が開く度に「誰だろう?誰だろう?」とソワソワしてしまいました。YouTubeライブ配信も継続しているのですが、トラブルがあり、少し遅れての礼拝開始となってしまいました。ドタバタの緊張感で始まりましたが、賛美や交読で兄姉方の声が一つとなって聞こえて来る度に、まるで渇いた地が潤されるかのように喜びで満たされました。

先週、調律を終えたばかりのピアノは、音も表面も綺麗に磨かれて、とても気持ちが良いです。一カ所きれいになると、その周辺が急に気になりだすもので、「そういえば窓・・・」、「そういえばカーテン・・・」と思うのですが、壊滅的な奏楽を何とかするほうを優先しつつ、日だけが過ぎていきます。