2012年4月21日(水)祈祷会

その他

自分自身を神に差し出しなさい。・・・神にすべてを明け渡し、正しい目的のために用いていただきなさい。ローマ6:13(TEV)

今回のテキストのテーマは「礼拝の本質」。礼拝の本質は降伏(明け渡し)にあるという内容でした。11ページもあり、それぞれ心に留まるところも違いましたが、私は「神に降伏するとは、・・・変えるべきものを変えるために、自分の人生を犠牲にし、あえて苦しみを引き受けることです。」(P93)という箇所に教えられました。

祈祷会とは関係ありませんが、毎月、最終日曜日の前の火曜日の晩に、翌月の説教後の賛美(1カ月分)を塚田師と一緒に決めています。説教題と同じ題名の賛美をパッと思い出すこともあれば、聖句索引、主題索引をしても「(説教内容と)微妙にかすってない?」「ん~、あんまり・・・」ということも。候補曲を挙げる度に、子ども達を起こさないよう1番目だけ小さな声で歌い、よく知られている曲かどうかを確認しながら1時間半ほどで全曲が決まります。そしてその翌日は、兼牧教会の賛美決めです。説教は同じでも使っている歌集が違うので、別の曲になることがほとんどですが、前日と同じ聖書箇所を開きながら決めるので、内容を把握するのは少し早くなります。

タイトルとURLをコピーしました